飛行機好き親子のおすすめアプリ

レーダー指示器の画像 子育て
スポンサーリンク

こんにちは!

二人の男児を持つ、アラフィフ親父です。

今回は、飛行機の色々を書いてみたいと思います。

我が家の真上にある見えない航空路とは?チェックポイントも見えない!
航空無線のASMR再び!!
飛行機好きに送るおすすめアプリとサイト!

さて離陸時間が来たようです。CLEAR FOR TAKEOFF!!

飛行機好き親子の日常

我が家は羽田空港と成田空港の間ぐらいにあります。

なので結構飛行機が頭の上を通過しています。
多い時は5分に一度は飛んでるかなという感覚があります。

昼間に長男くん(3歳)とお散歩していると、ゴーっというジェットエンジン音が聞こえてくるので、二人で空を見上げて『どこどこ~?』と、機影を探しています。

家の中にいても、音がしょっちゅう聞こえてます。嫌いな人にとっては騒音かもしれませんが、我が家にとっては親子の絆に欠かせない大事なサウンドです。

飛行機の見えない道

SIDは陸の一般道とインターチェンジ

調べてみると、どうやら我が家の上空には見えない航空路が有るみたいなんです。
正確に言うと、羽田空港から離陸した飛行機が、陸で言う高速道路と言うか幹線道路の様な『航空路』に出る前に、陸の一般道やインターチェンジの役割を持つ『SID』と言う指定の飛行法&経路を利用するんですが、我が家の上空には『KANEK ONE DEPARTURE』という名のSIDがあるみたいなんです!このSIDがちょうど真上を通っているので、飛行機をたくさん見る事が出来るのです。
テンションが上がりますよね!!

SID『KANEK ONE DEPATURE』のルート画像
SID|KANEK ONE DEPARTURE 出展:羽田空港の離陸・着陸(中級者向けSIDチャートSTAR)

ウェイポイントは上空のチェックポイント

航空路やSIDにはウェイポイントと言うチェックポイントの様な物があるのですが、このSIDのルートには『KAIJI』というポイントがあり、それは隣町の上空にあるのです!!ピンときませんね!!
ちなみに最寄りのウェイポイントは『SNE11』と言いまして、地図で調べてみるとご近所の、(たぶん)ごく普通の一軒家が確認出来ます。
そちらのお宅の方は、まさかご自分の家の上空が、航空界におけるとても重要な地点になってるなんて思ってもみないでしょうね。
まるでドラえもんとかハリーポッターなどに出てくるパラレルワールドの様です。

ウェイポイント『KAIJI』の画像
Waypoint|KAIJI 出典:https://opennav.com/waypoint/JP/KAIJI

ウェイポイント名はツッコミ所満載!

このウェイポイントの名前なんですが、これがとても面白くて、ご当地ネーミングおもしろネーミングの宝庫なのです!
例えば北海道には、大泉洋さんにちなんだYOSANと名付けれたウェイポイントを始めとして、TEAM NACS関係者の名前がたくさん採用されていたり、秋田には生駒里奈さんにちなんだRINAHや、佐々木希さんにちなんだNOZOMというポイントなどがあります。
また関西圏にはTIGERや、大阪弁にちなんだNANDEとYANENがあったりして非常に笑えます。なんでやねん。
この辺りは今後掘り下げて記事にしてみたいです。

飛行機好きに送るおすすめサイトとアプリ!

LiveATCはASMRアプリ

さて、最近私は航空管制無線のASMRにはまっていまして、YouTubeに上がっている物を聴く以外にも、管制無線をライブで聞ける『LiveATC.net』というサイトで、世界中のやり取りをBGMとして流しています。

以前、日本人女性管制官のカタカナ英語によるASMRの記事を書きましたが、今はこのサイトで海外空港の管制無線を聞いていまして、ネイティブ男子の無線ボイスASMRで癒されています。
若い頃に英語を絶対に習得してやる!と決心した頃の、あの思いが蘇って参りました。
やはり英語の無線って格好良いですね…。

Flightradar24は神アプリ

あともう一つ。存在を知ってはいましたが、今までは価値をさほど感じられなかったアプリがあったのですが、最近になって思い出し、ついにダウンロードしました。
地球上の飛行機をレーダーで探知する『Flightradar24』と言うアプリです!!
これは飛行中あるいは駐機中の、基本的に民間航空機の現在位置をリアルタイムで表示するアプリなのです!
わくわくするじゃないですか!
スマホのカメラ機能越しに写った飛行機の、便名や行先や高度等の詳細が出たり、過去の指定の日時におけるフライトをアーカイブで見る事が出来たり、もう航空ファンには垂涎のおもちゃなのです!

Flightradar24 アンドロイド版のアイコン画像
Flightradar24 アンドロイド版
 Flightradar24 iOS版のアイコン画像
Flightradar24 iOS版

そして、これらの航空管制無線と航空レーダーを組み合わせて楽しむ。これはもう至福の時間なのであります!!

昔は、こんな軍隊で使用しているこんな航空レーダーしか知らなかったですよね。

昔っぽい丸いレーダー写真

↑こんなの

昔の映画で良く出て来たやつですね。

<br>

ミグ(旧ソ連の戦闘機。MiG-21)が不法侵入です!!

何っ!?またか!!よし!ファントム(F4)スクランブルだっ!


何の映画(笑)??

このタイプは位置と高度くらいしか情報が取得出来なかった気がします。
しかし、最近はアプリでレーダーが見れるんですもんね~。しかもこのアプリの様にGoogleマップをベースにして、こんなに見やすくなってるなんて!

でも、我々からすれば鳥肌ものの道具ですが、現場の方々にとってみれば常に衆人環視の中で仕事をしてる事になるんですよね…。ある意味気の毒な気がします。

ちなみに現代の航行管制で実際に使用しているレーダーはこんな感じみたいです。相変わらず素人が見ても良くわからないですね。でもそんな所がミステリアスで格好良いのです。そこにシビれる! あこがれるゥ!

現代の管制卓レーダー画面
現代の管制卓レーダー画面

飛行機を見に空港へ…行きたい

長男くんとはいつか空港に行って大きな飛行機見たいねー!っと話してますが、まだ良く空港の意味はわかってない様子。
私の妻も飛行機を見るのが好きで、独身時代に良く羽田空港デート行ってました。
コロナが落ち着いたら、家族みんなで羽田空港へ遊びに行きたいものです!
本当は飛行機に乗って旅行行きたいですけどね!!

着陸する飛行機を見学する人々の画像
写真はイメージです。

そう言えば昔は首都圏に羽田空港しかなく、私の幼児期末期に成田空港が開港し、羽田のほぼ全ての国際線枠が移管されました。物心ついた時には成田がエースでしたので、幼少の頃は成田の方に憧れが強かったです。
しかし1988年と1997年の2度に渡る拡張を経て、1998年に羽田の国際線が復活しました。
さらには2010年の3度目の拡張に伴い、羽田の国際化は拡大し一気にエースの座を奪還した印象です。
都心に近くてアクセスの差は歴然ですし、今は完全に羽田の方が勢いありますね!

なお、国内・国際合わせた年間発着数は、コロナ前で成田45万回の羽田30万回です。
ただ、今現在成田と羽田はライバルではなく、互いに補完しあう関係になっているそうなので、コロナに負けずに頑張って耐えて欲しい物です。安かろう悪かろうでLCCがいまいち好きになれない私は、ANAとJALを応援しております!!

以上!アラフィフのじょーじでした!
これからも末長くよろしくお願いいたします!

にほんブログ村ランキング参加中!☞☞☞
ぽちっとお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました